ひとりでも入れる 新しい労働組合 全労連・埼玉ユニオンSU
トップページ » トピックス »埼労連が単産・地域代表者会議を開き、今後の闘いを提案

トピックス

トピックス : 埼労連が単産・地域代表者会議を開き、今後の闘いを提案
投稿日時: 2017-8-4 9:27:08 (40 ヒット)


 埼労連は7月8日(土)、さいたま市内で単産・地域代表者会議を開き、10単産20地域組織の代表など、43人が参加しました。SUから委員長が参加しています。
 議題は9月16日(土)に予定されている埼労連第29回大会での議案、大会までの主な取り組み、大会以降の秋の闘いについて意思統一するものです。
 埼労連・宍戸事務局長は、この1年間、埼労連が各地域で安倍政権を退陣に追い込んでいく市民と野党の共闘に力を尽くしたり、学習・教育を力に若い役員が育ってきていることなどを全体のものにして、大会以降の方向性を提起しました。秋の取り組みとして、憲法を守る闘い、残業代ゼロなどの安倍「働き方」改革反対、全国一律最低賃金を求める全国的な闘い、今年で16年目となる労働者施策充実を求める自治体訪問行動を11月に実施することが提起されました。

添付ファイル: 170708tansan.jpg 
印刷用ページ このニュースを友達に送る