ひとりでも入れる 新しい労働組合 全労連・埼玉ユニオンSU
トップページ » トピックス

トピックス

« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 72 »
解雇撤回報告があり、元気に東武東上線沿線のつどい忘年会
投稿日時: 2017-1-10 15:49:36 (142 ヒット)

 東武東上線沿線地区では、12月17日(土)午後6時30分から若葉コミュニティルームで「今年も1年、お疲れさまでした!!2016年忘れ!のつどい」と題して忘年会を開催しました。今回は、組合員6人、組合員の友人1人の計7人が参加し、1年ぶりに顔を合わせるメンバーもいて楽しく交流しました。

 新しく移籍した会社から解雇を言い渡され、団体交渉を申し入れて解雇撤回を勝ち取った組合員から、「組合に相談して対応を考えます、と返事したのが良かった。何もない時から組合に入っておくことが重要だと実感した」との報告があり、SUの活動への励ましになりました。

 また、最低賃金引き上げを求める署名も署名用紙に書いてある内容をみんなで読んで学習し、日本でも非正規雇用で働く人が全体の4割に達してしまっていることなどに驚きの声が上がり、参加者全員で署名に協力しました。

草加八潮地区労がSU支部結成へ準備会発足
投稿日時: 2017-1-10 15:49:03 (118 ヒット)

 草加八潮地区労協は12月9日(金)に地区労事務所でSU草加支部結成めざし、第1回準備会を開催しました。準備会には、SU組合員3人と、地区労協副議長、同執行委員、埼労連組織アドバイザーやSU書記長が参加しました。

 参加者の自己紹介の後に、参加した組合員の組合加入のきっかけや、職場の状況について出し合いました。組合員は、警備の仕事をしていて24時間勤務など、長時間勤務の実態を紹介したり、幼児保育支援の仕事の状況について報告しました。

 地区労協執行委員の方は、移住者ユニオンで活動していた経験を報告し、積極的にSU草加支部結成の援助をすることを表明しました。

川口支部が12月10日に忘年会
投稿日時: 2017-1-10 15:48:16 (81 ヒット)

 川口支部は12月10日(土)夜7時から市内の居酒屋「天狗」で忘年会を開きました。

 川口支部8人のほか、他支部や未加入者6人が参加してくれて14人になりました。

 懇談のなかでは「再就職ができた」という報告がある一方で、「働きながら次の仕事を探しているが見つからず、悩んでいる」といった報告もあり、みんなで激励し合いました。

さいたま支部がハローワーク浦和前で宣伝
投稿日時: 2017-1-10 15:46:43 (94 ヒット)

 さいたま支部は12月5日(月)朝、組合員拡大をめざしてハローワーク浦和前で全労連の労働相談ティッシュを配りました。支部役員4人と犬1匹でハローワークに来る人と隣の建物のNTT職員に声をかけながら配りました。愛犬と参加した支部役員は、通りがかりの愛犬家が話しかけるなど、対話になり思わぬ効果がありました。

 SUは10月から12月までが秋の組織拡大月間となっています。さいたま支部では、組織拡大月間中の組織拡大を成功させようと、10月2日の支部定期大会で新執行部体制となったこともあり、まず執行部が行動に立ち上がろうと意思統一し、ハローワーク前宣伝を行うことにしました。

 さいたま支部では、12月26日にも宣伝をしました。12月17日には、忘年会を盛大に行い、新年に向けた抱負を語り合いました。

埼玉春闘討論集会で17春闘について学習 SU役員が代表で参加
  投稿日時: 2017-1-10 15:45:41 (122 ヒット)
トピックス


 埼玉春闘共闘は12月3日(土)〜3日(日)の二日間、吉見町のフレンドシップハイツ・よしみで、埼玉春闘討論集会を開催しました。

 安倍暴走政治が、憲法改悪・戦争法具体化、労働法制全面改悪を狙う重大な情勢のもとでの17春闘を迎えます。数年ぶりの一泊での開催となり、12単産16地域組織から講師・事務局含め72人が参加しました。SUから委員長、副委員長、書記長が参加しました。

 1日目は午前10時から始まり、埼労連・伊藤議長が主催者を代表してあいさつし、労働者・国民をめぐる情勢のポイントや、一人ひとりの組合員からの要求を練り上げ、実現していく大切さに触れ、積極的な討論を呼びかけました。続いて埼労連顧問・柴田泰彦さんが「17春闘の課題と展望」と題して講演。アベノミクスが破綻していること、内部留保をどう社会に還元していくのかについて解説しました。

 昼食後は、宍戸事務局長が17春闘方針案を提案。その後3つの組織から闘いの教訓が報告され、2日午前中まで合わせて4時間強の分散討論をしました。

« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 72 »