ひとりでも入れる 新しい労働組合 全労連・埼玉ユニオンSU
トップページ » トピックス

トピックス

« 1 ... 70 71 72 (73) 74 75 76 77 »
川口支部 組合員の要求実現で奮闘
投稿日時: 2009-7-7 14:29:19 (542 ヒット)

 川口市内の運輸会社に4月から勤務していたMさんは、団体交渉で労働者として勤務していたことを会社側に認めさせ、残業代・深夜手当、駐車場代などの支払いを約束させました。
 Mさんは4月10日に草加に本社のある会社と「アルバイト・業務委託契約」を結んで「ゆうパック」配達の仕事をし、朝7時30分から夜11時ころまで働かされていました。しかも、残業代は支払われず、深夜手当もなし、駐車場も自分持ち。会社からの支払いは配達個数で計算され、経費分として40%を差し引かれ、家族から援助を受けて生活していましたが、「こんな働かされ方はおかしい」と地区労に相談がありました。
 地区労はさっそくSUに加入してもらい、団体交渉を申し入れ、6月17日に団体交渉をしました。会社はアルバイトとして雇用していたこと、業務命令は社長が出していたことを認めました。賃金計算をすると時給499円にしかならず、最低賃金違反を指摘すると、「計算を任せます」と回答、残業代・深夜手当、駐車場代などの立て替え分を払う戸約束しました。

全組合員のつどい (09.06.05)
投稿日時: 2009-7-7 14:26:09 (609 ヒット)

 6月5日(金)午後7時から全組合員のつどいが開かれ、11人の仲間が参加しました。まず、なぜワーキングプアが生み出されるのか、構造改革とは何か、などをわかりやすく解説した全労連DVD「もうひとつの日本」を上映しました。久しぶりに参加したMさんは、「初めて観たが、地元で青年たちと何度も観てみたい」と感想を語っていました。
 その後の交流では、さいたま支部の組合員が指名解雇を言い渡された件で、団体交渉をした経験を話してくれました。

介護実践講座と交流のつどい
  投稿日時: 2009-6-10 15:55:20 (834 ヒット)


 5月17日(日)午後1時30分から浦和コミュニティーセンターで、埼労共・社保協主催の「介護実践講座と交流のつどい」が行われ、33人が参加しました。この取り組みは、SUヘルパー部会・あじさいの会の仲間たちが企画してきたもので、今回のテーマは「生き生きと働ける介護職場と誰もが安心して使える介護保険制度にするために」です。

続き... | 残り1495バイト
派遣先に直接雇用を求める裁判は全国的な意義を持つ。7月は傍聴で会場をいっぱいにしよう。
  投稿日時: 2009-5-12 16:54:25 (582 ヒット)


 SU組合員・堀マリオトシオさんが派遣先・椿本チエーンに直接雇用を求めて提訴した裁判の第2回口頭弁論が、5月8日(金)午前10時15分からさいたま地裁で開かれました。堀さん本人とともにSUから相田副委員長はじめ、埼労連の関係者が10人傍聴しました。
 堀さんの担当弁護士は、法廷で労働者派遣法の問題点を述べるとともに、その派遣法さえ守らず偽装請負を繰り返してきた椿本チエーンに堀さんを直接雇用する責任があることを強調しました。
 次回は7月10日(金)午後1時10分から、さいたま地裁105法廷で行われます。多くの仲間のみなさんの傍聴を訴えます。

埼玉県中央メーデーに2800人。埼玉青年ユニオンもアピール
  投稿日時: 2009-5-12 16:24:18 (621 ヒット)



 埼玉県中央メーデーが5月1日(金)、さいたま市の北浦和公園で開かれ、労働組合をはじめ各団体から2800人が参加し、集会とパレードをしました。
 SUは岡田委員長、若林執行委員(さいたま支部書記長)など12人が参加し、SUやさいたま支部ののぼり旗を持って元気にパレードしました。
 集会では、3分間のスピーチタイムで埼玉青年ユニオン(SU青年部会)の仲間が埼労連青年委員会の一員として登壇し、7月5日(日)に浦和駅東口パルコ前広場で開かれる「しごとまつり」についてアピールしました。

« 1 ... 70 71 72 (73) 74 75 76 77 »