ひとりでも入れる 新しい労働組合 全労連・埼玉ユニオンSU
トップページ » トピックス

トピックス

« 1 ... 80 81 82 (83) 84 85 86 ... 91 »
福井裁判
投稿日時: 2010-4-16 14:45:20 (1003 ヒット)

 パワハラによる損害賠償、残業代支払いを求めて裁判をしている執行委員・福井妙子さんの裁判で、3月10日、17日の2回にわけて証人尋問が行われました。10日は原告・福井さんの尋問で、傍聴には地元・新座の支援する会の仲間、元職員、SU組合員が参加しました。福井さんは、被告弁護人が質問に窮するくらい、しっかりと真実を証言しました。被告側傍聴席から「弁護士変われ」のヤジが飛び、裁判長にたしなめられる場面もありました。
 福井さんの話「多くの方々から励まされて証言台に立つことができました。皆様のご支援がなければ精神的につぶれてしまっていたと思います。おかげさまで、被告側弁護士の意地悪な尋問にも動揺することなく堂々と真実を述べることができました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。この裁判は、長時間労働や心ない施設長の暴言に傷つき、職場を去った多くの仲間のために、そして入所しているお年寄りのために、どうしても勝利しなければなりません。引き続きご支援をお願いいたします」。
 次回裁判は、5月12日(水)午後1時15分、さいたま地裁105法廷です。傍聴支援をお願いします。

3月7日に埼玉で全国青年大集会プレ企画。青年50人が参加。
  投稿日時: 2010-4-16 14:35:16 (746 ヒット)



 5月16日に全国青年大集会が開かれるのを前に、県内の労働組合の青年や青年団体などでつくる青年ネットワーク埼玉は3月7日(日)、「この働き方ってフツウなの? 見つけよう希望のもてる働き方」と題して、全国集会のプレ企画を行いました。
 さいたま市ときわ会館で午後1時30分から開かれた集会は、まず講演がありました。「働くことについて学ぼう!考えよう!」の題で、反貧困ネットワーク埼玉事務局長の竪十萌子(たて・ともこ)弁護士が、「若い人にこれだけは知ってほしい」と、労働法などから残業代、割増賃金、解雇問題などを解説しました。「仕事をするなかで、おかしいと思ったら、泣き寝入りせず、周囲に相談してほしい」と語りました。
 講演後は5〜6人のグループに分かれてディスカッション。教職員や建設労働者、学生、会社員など、さまざまな職種の青年が自分の働き方や働きがい、将来の夢などを活発に語り合いました。最後は参加者全員で記念写真を撮りました。

 <5月16日、全国青年大集会の案内>
 「まともに生活できる仕事を!」「人間らしく働きたい!」などを掲げて、全国青年大集会が5月16日(日)に東京・明治公園で開かれます。分科会・交流企画が午前11時、午後1時からメーン集会、午後2時30分からアピールウォークです。
 分科会・交流企画は、医療・保育・福祉などの職種別交流会、最低賃金制度、失業中の生活支援などを学べる企画、ほっと一息つけるカフェも計画しています。
 メーン集会は、若者の闘い、全国の取り組みのリレートーク。反貧困ネットワークや労働組合、政党からの連帯あいさつも予定されています。
 アピールウォークは、神宮外苑から青山通り、表参道、原宿、渋谷までのコースで若者が多いエリアを行進します。音楽にあわせて多彩なグッズで楽しくアピールしましょう。

3月14日に組合員のつどい
  投稿日時: 2010-4-16 14:17:43 (705 ヒット)



 3月14日(日)に教育会館会議室で全組合員のつどいを開きました。新加入組合員など11人が参加しました。労働者派遣法「改正」案が国会に提出されるという情勢で、「改正」案について学習をした後、交流を行いました。
 派遣法の学習では、\府・閣議で「事前面接」は解禁にならなかったこと、派遣先からの直接雇用の申し入れ義務が撤廃されるなど改悪部分があること、E佻新診標が禁止になるといっても、抜け穴だらけで労働者保護の法案になっていないこと、などが明らかになりました。
 戸田市内の病院で働いている仲間、入間市内で食品関係の仕事をしていた仲間が初めて参加しました。いずれも不当な解雇にあい、団体交渉や労働審判で会社側と闘っていくことが報告され、参加者全員で励まし合いました。つどい終了後は、何人かの組合員が職場の問題を解決するために執行委員と当面の対応について相談しました。

派遣先・コニカミノルタへ直接雇用を求める裁判が始まる
投稿日時: 2010-3-8 13:08:58 (2149 ヒット)

 SUの仲間4人(派遣労働者)が訴えを起こしている、派遣先・コニカミノルタテクノプロダクトへの直接雇用を求める裁判が、2月25日(木)午前10時から川越地裁で行われました。
 冒頭、原告代理人の弁護士さんは、事前に川越地裁から陳述書があるので意見陳述は不要と言われたことに抗議し、原告本人の意見陳述を求めました。裁判官は合議により、今回は派遣元・NKプランニングのAさん、次回は派遣元・キャリアエージェントの3人のうち代表1人が意見陳述することで了解しました。また、12月の提訴後に、最高裁が派遣先・松下プラズマディスプレイと訴えた労働者に契約関係はないと判決を出したことを取り上げ、川越地方裁判所は「論点の変更がないか」と言ってきましたが、原告代理人は「理論構成に変更はない」「最高裁は松下に限定した事例判決だ」と反論しました。
 今回は、SU執行委員や埼労連労働相談員のみなさんなど7人が支援傍聴しましたが、コニカミノルタ側から5人の傍聴者が来ており、SUの傍聴支援を強化する必要があります。次回は4月8日(木)午後2時からです。

労働組合講座
  投稿日時: 2010-3-8 12:02:15 (842 ヒット)



 2月27日(土)午後1時30分から埼玉春闘共闘主催の労働組合講座が開かれ、44人が参加しました。SUも3人が参加して学習しました。今回は、「中小企業における春闘の視点」(沼田道孝税理士・第一経営代表取締役)、「団体交渉の実際」(高木太郎弁護士・埼玉労働弁護団)がテーマで、中小企業における経営分析の角度や、不誠実団交に該当するのは何かなど、それぞれ具体的な内容を学習できました。

« 1 ... 80 81 82 (83) 84 85 86 ... 91 »