ひとりでも入れる 新しい労働組合 全労連・埼玉ユニオンSU
トップページ » トピックス »介護実践講座(5月15日)

トピックス

トピックス : 介護実践講座(5月15日)
投稿日時: 2011-5-15 21:40:00 (755 ヒット)

 SUあじさいの会(介護労働部会)が中心となって企画している介護実践講座(埼労共・社保協共催)が5月15日(日)午後1時30分から、さいたま市民会館うらわで開かれ約40人が集まりました。

 今回は、「2012年実施の介護保険制度(案)と介護労働者の労働改善を学ぶ会」として、全国福祉保育労働組合書記長・清水俊朗さんを講師に招き学習するとともに、介護保険制度や労働条件などについて、意見交流をしました。
 清水さんは、政府が介護保険制度を見直す本質について指摘。全体として、国・自治体の責任=「公助」がなくなり、軽度の要介護者を制度から閉め出すこと、厚労省の案にも「自助」「互助」「共助」だけが強調されていると報告しました。
 講演後は「3つの事業所を掛け持ちしても月収10万円ほど。介護職員処遇改善交付金はどう使われているのか」「現在でも利用料が高く退所する高齢者がいる。経費の安い老人ホームなどをつくることが大切では」などの意見が出されていました。

印刷用ページ このニュースを友達に送る