ひとりでも入れる 新しい労働組合 全労連・埼玉ユニオンSU
トップページ » トピックス »埼労連が単産・地域代表者会議で春闘方針決定

トピックス

トピックス : 埼労連が単産・地域代表者会議で春闘方針決定
投稿日時: 2020-2-12 14:20:00 (77 ヒット)

 埼労連は1月11(土)午後2時から、さいたま共済会館501・502会議室で単産・地域代表者会議を開き、12単産20地域組織と埼労連役員・事務局など合計62人が参加し、2020年の春闘方針を決定しました。SUから委員長、書記長、執行委員1人の計3人が参加しています。


 会議では、埼労連・宍戸事務局長が、20春闘をめぐる最大の課題が、^打棆憲策動と戦争する国づくりを許さない闘いと緊急署名を進めること、賃上げ闘争では単産・地域とも最低賃金引き上げと全国一律最賃制度の実現で賃金底上げを共通の要求として取り組むと強調しました。また、最賃宣伝を旺盛に進めようと作成した最賃Tシャツと宣伝のぼり旗を活用し、すべての地域組織で毎月の宣伝行動を具体化することも呼びかけました。
 具体的な取り組みでは、月1回のヤマ場への参加に最大限の力を注いでいくことが強調され、。鰻15日朝の自治体門前宣伝、夕方の主要駅頭宣伝、■押26地域総行動を最賃闘争キックオフ集会と位置づけ取り組むこと、A艦連・国民春闘共闘が提起する3月12日の統一行動(11日に一斉回答)を具体化していきます。

添付ファイル: 200212_2.jpg 
印刷用ページ このニュースを友達に送る