ひとりでも入れる 新しい労働組合 全労連・埼玉ユニオンSU
トップページ » トピックス »埼労連評議会が3月28日に開催される

トピックス

トピックス : 埼労連評議会が3月28日に開催される
投稿日時: 2020-5-11 15:20:00 (107 ヒット)

 埼労連第47回評議会が3月28日(土)午前10時から埼玉教育会館2階ホールで開催され、16単産43人、19地域組織19人の評議員、埼労連幹事会など合計102人が参加しました。SUから書記長がSU評議員として参加しました。評議会は、年度前半の活動の教訓を明らかにして、年度後半の強化点を含めた方針案を賛成多数で採択しました。

 評議会は、新型コロナウィルス対策として、時間を短縮しての運営、換気をしながら1時間ごとに休憩を入れるなどをして行われました。
 埼労連・宍戸事務局長が第1号議案「2019年度前半の活動の到達と教訓、年度後半の重点となるとりくみ」について提案。第31回定期大会で決定した4つの重点(^打榾汁政治とのたたかい、∩反コ搬隋Χ化、O働者福祉運動の強化、ち換餔賣Ш把稍其眄確立の展望をつくりだす)について年度前半の経験について報告。年度後半の強化点として、^打榾汁政治を退陣に追い込む二大闘争(安倍改憲発議阻止緊急署名を力に、徹底した対話で改憲発議を断念させること、経済を立て直せるのは賃上げと消費税減税であり、署名、国会議員要請など世論と運動をつくること)、■況邯柔をなんとしても増勢で迎えること、20春闘後半の闘いを提起しました。
 提案を受けて、単産・地域からの討論がありました。SUから、毎月加入者・退会者の報告や、各支部の取り組み、埼労連の課題の具体化を進めていることなどを発言。地域組織にSU支部をつくっていく取り組みへの協力を呼びかけました。

添付ファイル: 200511_2.JPG 
印刷用ページ このニュースを友達に送る