ひとりでも入れる 新しい労働組合 全労連・埼玉ユニオンSU
トップページ » トピックス

トピックス

« 1 ... 68 69 70 (71) 72 73 74 ... 84 »
はたらく女性の埼玉集会
  投稿日時: 2010-12-18 11:55:21 (774 ヒット)



 11月3日(水・祝)、さいたま共済会館ではたらく女性の埼玉集会が開かれ、220人が参加しました。SU執行委員会から岡本さん、福井さん、堀井さん3人が参加しました。
 午前中の講演は「心も体もいきいきと―メンタルチェックをしてみよう」と題して東北福祉大学の渡部純夫さんが行いました。「『普段は6割の力で、いざとなった時に100%の力を出す』―そういう考え方や働き方でいいんです」「他人と接することから自分を知る、自分がどういう傾向を持っているか知ることが大事」などと話してくれました。
 午後は分科会。「子育て保育」の分科会を設けたことで、子ども連れや若者の参加が増えた集会でした。集会後、浦和駅まで男女平等などを訴えパレードを行いました。

福井さん裁判。地元・新座で勝利和解報告集会
  投稿日時: 2010-12-18 11:52:45 (709 ヒット)



 勝利和解した福井さんの地元・新座市で10月22日(金)に勝利和解報告集会が開かれました。福井さんの記事を紹介します。
   ◇     ◇
 支援者60人、弁護士2人、県議会議員・新座市議会議員5人が出席してくださり、参加、会場は満員になりました。
 弁護士は「残業の客観的証拠がないのに残業代を満額支払わせたのは、1万筆を超える署名や、公判の傍聴者が多かったことで裁判所を動かし証拠の薄さをカバーした」と語ってくださいました。
 県議会議員からは「内部告発がないと、なかにいる弱い立場の人は声をあげられない。福井さんのような勇気のある人がいるから福祉を前進させられる」と激励を受けました。
 この裁判は私ひとりで勝ち取ったわけではなく、みなさんの熱意とご協力で一緒に勝ち取ったものです。SUの仲間にもたいへんご協力いただきました。ありがとうございました。
 (福井妙子・執行委員)

10・30全組合員のつどい 働く権利の学習と交流、新入組合員歓迎も
  投稿日時: 2010-11-15 13:51:26 (741 ヒット)



 10月30日(土)午後1時30分から、さいたま市のコラボ21で、大会後初めてとなる「全組合員のつどい」が開催され、台風が近づく悪条件のもかかわらず15人が参加し、学習と交流を深めました。
 はじめに岡田委員長から参加した4人の新加入者に歓迎のあいさつと恒例になったニュースと組合規約が手渡されました。引き続きミニ学習会に入り、谷村副委員長が全労連作成の「働くあなたに贈る=権利手帳」を使ってレクチャーしました。
 「働くルールの基本は日本国憲法で保障されています。法令や労働協約よりも憲法が上位の効力があります」と、簡潔で明快な解説に、参加した仲間がうなずきながら聞き入っていました。
 組合員交流では各人の近況や組合員加入の動機、労働相談のその後など、広範な話題が広がり交流が深まりました。
 埼労連労働相談員を兼ねている相田副委員長からは「何か問題がおきてからSUに加入するのではなく、問題が発生する前から加入しておくことが大切です」と、最近の労働相談の実例を挙げながらの発言があり、説得力がありました。
 最後に事務局から署名等の訴えと、次回の全組合員のつどいが12月23日(木・祝)の予定で計画されているので、ぜひ日程を調整していただき、参加してほしいと呼びかけがありました。

安保条約を考える集会にSUも参加
  投稿日時: 2010-11-15 13:48:50 (575 ヒット)



 10月21日(木)午後6時30分から埼玉教育会館で「安保条約廃棄10・21埼玉県中央集会」が開かれ、28団体82人が参加、SUも相田副委員長、谷村副委員長をはじめ5人が参加しました。
 集会のメーンは学習会。日本平和委員会代表理事の内藤功さん(元参議院議員・弁護士)が「民主党政権下での日米安保条約」と題して講演しました。内藤さんは、今年で50年を迎えた新安保条約成立の経緯、アメリカや日本政府の思惑などを豊富な資料とエピソードで解説し、かつて安保条約をめぐって国民的な大闘争となった背景には、教育や保育、母親運動、核兵器廃絶、憲法改悪や再軍備に反対する広範な運動の共同であったと話しました。
 また、米軍基地の絶対的な管理権(権利・権力・権能)を定める地位協定や密約により、日本国内で米軍が引き起こす事件・事故に日本政府が関われないこと、米軍駐留経費の75%を日本が負担していることなどが報告されました。
 いま民主党政権下では、より踏み込んだ安保条約の解釈・運用で、自衛隊と米軍一体の海外軍事行動の参加が進められ、労働・経済・食など国民の暮らし全般に害悪を及ぼしています。内藤さんは、「安保の本質は6条から1条へと逆に読むと明らか」「沖縄県知事と宜野湾市長選挙の勝利で安保条約廃棄の世論づくりを」と呼びかけました。

10月10日に介護実践講座と交流のつどい あじさいの会が企画
  投稿日時: 2010-11-15 13:45:59 (1003 ヒット)




 あじさいの会が中心となって企画をしている介護実践講座と交流のつどいが、10月10日(日)午後1時30分から埼労共(埼玉県労働者福祉共済会)と埼玉社保協(埼玉県社会保障推進協議会)共催として埼玉教育会館2Fホールで開かれ、介護保険制度の利用者、事業者、ケアマネジャー、ヘルパーなど66人が集まりました。

続き... | 残り1384バイト
« 1 ... 68 69 70 (71) 72 73 74 ... 84 »